稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

童話「みにくい広告の子」

あるところにウェブという名の広告がいました。

ウェブはいつも他の仲間たちにバカにされていました。

テレビ「やい、ウェブ。俺はキングオブアドのテレビ様だ。今日もたくさんの視聴者を満足させてやったぜ。CM好感度調査って知ってるか?みんなが好きなCMを選ぶんだけどな、そもそもこれはみんなが俺様の存在を認めてるってことだよな。だってそうだろ?お前には好感度調査があるか?いや、ない!なぜなら、みんなお前の存在が大嫌いだからだ。タウンワーク!デオーウ!氷結ストローング!」

ウェブ「でも、ボクはみんなの好みに合わせることもできて……」

ラジオ「おやおや、まるでストーカーみたいな言い草でやんすなぁ。あっしなんて、冠を持ってるでやんすよ。エースコックpresents!ヨドバシカメラpresents!聖教新聞presents!あぁ、なんて素晴らしい響き。ねぇ、テレビ様」

テレビ「おう、ラジオよ。よく言ってやったぞ。俺たちはな、クライアント様なんだよ。番組タイトルだって、番組内容だって、なんなら出演者のキャスティングだって言いたい放題だっつーの。女優やアイドル抱きまくりだっつーの!」

ラジオ「ウェブ氏、チミは冠じゃなく、せいぜいタイトルに【PR】でも付けとくでやんすよ」

ウェブ「ボクだってネイティブアドっていう……た、助けて、雑誌くん!」

雑誌「ちょっと一緒にしないでほしいな。キミはひょっとすると読者を騙そうとしているんじゃないか?僕の場合、きちんと広告であると明かしているし、そもそも最初にお金を払ってから買ってもらっているんだ。一緒にしないでほしいな」

新聞「そうじゃ、そうじゃ!」

ウェブ「そ、そんな。でも、ボクはいろんな人に貼ってもらえて……」

テレビ「貼る?お前はビックリマンシールか何かなのか?」

ポスター「ちょっと、テレビの旦那。それは聞きづてならねぇな。オイラは街中も駅の中も電車の中も、貼られまくりだけど、誰も文句を言わねぇよ。みんな退屈な時間にオイラたちを見ることで満足しているのさ。こいつとは一緒にしないでくれよ。なぁ、兄弟?」

デジタルサイネージ「イエス!ウィー ラブ アド!バァーット、アド ヘイト ユー!」

テレビ「わりぃ、わりぃ。みんな広告は仲間だ。チラシ、看板、電柱、野球場、映画館、バス、バルーン、ホットペッパービューティー、ドカント、チンドン屋……みーんな仲間。ただひとり、こいつをのぞいてな!」

ウェブ「ひ、ひどい。なんでボクだけ……どうしてみんなボクのことばかり嫌うの?同じ広告なのに。みんなに無料で良い情報を届けたりだってできるし、もしもお邪魔な時はスルーしてくれたってかまわない。なのに、どうして?」

ウェブはインターネットのしげみにうずくまって、寒い冬をたえしのびました。

しかし、そのうち、お日さまはしだいにあたたかさをまし、ハミングバードが美しい声で歌い出しました。

春が来たのです。

ウェブは体がウキウキしはじめると、つばさを羽ばたいてみました。

すると、体が浮くではありませんか。

ウェブ「ああ、飛んだ。僕は飛べるようになったんだ!」

スマホ、パソコン、タブレット……ウェブはいろんな空を飛びまわります。空を見上げるとお日さまがにっこり笑っています。その笑顔はどことなくアルファベットのGのようにも見えます。

G「バナー、テキスト、メール、動画、タイアップ、リスティング……お前は何にだってなれるぞよ」

地上を見下ろすと先ほどの広告たちが領地を奪い合い、争いが起こっています。

「いつの日か、ボクも好きって言われたり、冠をかぶったりできたらいいな。そしたら、こいつともお別れだ」

頭に載った【PR】がいつの日か素敵な冠に変わる日を夢見て、ウェブは今日も空を羽ばたくのでした。

おしまい

みにくいあひるのこ (世界名作アニメ絵本 (7))

【PR】

宣伝ですが、おバカな仲間たちとこんなブログも運営中です。

suiminlove.com