稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

無駄を否定しすぎることによる弊害について

とにかく無駄を嫌う人たち

30代になってから自分よりも若い子と飲みに行くことが多くなりました。

 

私はフリーライターという特殊な職業に就いているわけですが、大学を出たばかりで同じようにライターをやっているような子から話を聞いていると、なんだか自分は考え方が老けてきているのかなぁなんてショックを受けることも。

 

と同時に、私が今まで思いつかなかったような発想や着眼点を教えてくれることもしばしば。この業界は脳が老けたら終わりだと思っているので、話していると逆にこっちがものすごく勉強になります。

 

後輩に対してあまり説教みたいなことはしないようにしていて、それはフリーライターという仕事には「これが正しい」というルールがないから。その時代に合った考え方で取り組むことが「正しさのないなかでの正しさ」というか。そこにブレーキをかけちゃうのは違うのではと常々思っています。

 

ただ、そんな自分よりも年下の人たちに共通して「それは違うんじゃないかな?」と唯一思うのが、とにかく「無駄を嫌う」ということ。

 

最短距離でスピーディーにミスをせずにとにかく正しいことをしたい。

 

これは若者というよりも私のような30代にも多い思想なのかもしれません。そんな話を聞くと、私は「うーん……」となってしまう。

 

たしかに世の中的には、お金をかけず、時間をかけず、いかに工夫して何かを生み出すことが求められています。ただ、この工夫の部分、つまりクリエィティブなところには絶対に無駄なことの積み重ねが必要になってくると私は思うのです。

 

f:id:naze7000nanoka:20160903074706j:plain

特に若いうちだと仕事が選べないから、好きでもないことを取材したり、よくわからない人と飲みに行ったり、参考にならない本を読んだり、やりたくない分野の記事を書いたり。

 

これは仕事のことだけじゃなくてプライベートでも、結婚するかわからない人と付き合う、名作なのかわからない映画を見る、食べログで星が3以下のお店に行く、役に立たないプロブロガーのブログを読む…

 

こういうことをみんな極端に嫌います。

 

もちろん自分のやりたくないことをダラダラと続けたり、例えば、以前話題になった十年も寿司屋でひたすら修行するみたいなことが無駄なのは私も同感なのですが、ただあまりに無駄を排除しすぎるとそれはそれで弊害が出てくる。

 

スピードや正確さだけを求めると肝心な「中身」がなくなる

だって人生なんて無駄の連続。すべてのものが役に立ったり、自分のメリットになるわけじゃない。

 

何年も付き合って結局彼氏と別れても、楽しかった思い出も二度と味わいたくない辛かった経験も残る。食べログで星が微妙なお店にチャレンジしてみてたらやっぱりマズイも実は隠れた名店なのかもわかる。糞ブロガーの炎上中の記事を読めば、真似はしないようにしようとか、この部分は面白いという感想が得られる。

 

(余談ですが、こないだはてなブログで炎上してた「アンチからお金は稼ぎたくない」みたいなことを書いていた人は酷すぎますね。そもそもアンチというのは知名度や人気があるものに使うんじゃ? アンチ巨人とかアンチAKBとか。それに、もともと「悪」なものにはアンチは使わないから、アンチ産業廃棄物とかアンチ犯罪はありえない。ウンチにアンチは使わないのです。私は八木なんちゃら君もイケハヤもはあちゅうも賛否両論はあっても「ユニークだし、人とは違う面白いこと考えてるなー」と思うのですが、あの「アンチからお金もらっても嬉しくない」というブログを書いた人だけは、コンテンツを作る上でこれからやるべきではないことばかりをまとめている、害悪でしかない存在だと思ってます。幽遊白書でいうところの「黒の章」的な、悪いものばかりをよくぞ集めたというブログ。あまり人様のブログに言及したりするのは苦手なのですが、ライターやブロガーを目指す人を不幸にするものだな、本気でライターになりたい人には読んでほしくないなという感想です)

 

…と、無駄なものを読まされても、こうして長々とあれこれ思考することができるのです。(それもまた無駄ではあるのかもしれないけど)

 

スポンサーリンク

 

 

無駄の連続こそが、実はクリエィティブなことを考えるためにはすごく大切で、スピードや正確さや効率性だけを追い求めると一番肝心な「中身」がなくなってしまう。

 

無駄なことをしないと、チャレンジしないと、意味のないものにも意味を見出さないと、新しいアイデアは生まれない。生まれないというか、生まれづらい。それこそ、みんなが今嫌っている、最短距離でスピーディーにミスをせずにとにかく正しいことの達成を邪魔することになるのです。

 

今回のこのエントリーだって、すごく抽象的だし、ほとんどの人には役に立たないかもしれません。無駄な時間をすいません。

 

でも、それは違うな、たしかにそうだなと色々と考えるきっかけになって、それが良いアイデアを生み出すほんの数パーセントのきっかけになれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

ちなみにおかげさまでこのブログは読者登録数が600人を超えました!ありがとうございます。一方で、友人7名と共同ブログもはじめました。勢いで。

suiminlove.com

無駄なことしか書かれていないので読んでも何の役にも立ちません。ぜひ!