読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

プロブロガーは年収いくらあったら名乗っていいのだろうか

はてなブログ初心者のためのアフィリエイト

話題のプロブロガーという肩書きと収入について

どーも、アマブロガーの名瀬なのかです。

 

私もそろそろプロブロガーを名乗りたいと思う今日この頃ではございますが、いったいどのくらいの稼ぎがあればプロの称号を手に入れられるのでしょう。

f:id:naze7000nanoka:20150217005558p:plain

年収100万では暮らしていけないし、年収300万でも普通の会社にお勤めしたほうがよさそう。そう考えると、やっぱり500万くらいあれば、「好きなこと書いて平均年収より稼いでる。えっへん!」と言えるかもしれません。(てか、えっへん!って、人生で一度も使わずに終わりそうな言葉ですね。今度使ってみよう)

 

じゃあ年収500万円となるとどのくらい稼ぐ必要があるかというと、単純計算で月に40万円以上。これはかなりハードルが高い。私はフリーライターという仕事の傍ら、このブログを含めていくつかブログ運営するようになって、なんとか月10万の壁は突破したけれど(えっへん!あ、使っちゃった)、プロを名乗るには今の4倍以上を稼がなきゃいけません。無理無理!

 

プロの肩書きは年収とは関係ない?

でも、例えばプロボクサーやプロボウラーみたいに年収は決して高くない人だって世の中にはいます。友達にプロ雀士がいますが、普段は丸の内のOLだなんて子もいます。プロだから決してお金をたくさん稼いでるわけじゃない。

 

ただ、プロブロガーと違うのは、なんらかの協会で試験を受けて「あなたはプロです」と認定されている点。よーするに自称プロじゃない。

 

別にいくら稼いでいようが本人がプロを名乗っているんだからプロブロガーでいいじゃんと思うのですが、世の中は「プロ」という言葉に厳しい。(あと、「先生」「シンガーソングライター」にも厳しい)

 

そう考えると、プロ認定協会がないのに、わざわざ名乗るメリットってあるのかなーと。モンドセレクション受賞のように、むしろ名乗ることによって「いかがわしさ」しか残らないような気さえします。

スポンサーリンク

 

フリーライターという肩書きの気楽さ

で、何が言いたいかというと、「フリーライター」って、ものすごく使える肩書きだなと改めて思ったのです。

 

年収がいくらだろうとフリーライターと名乗れますし、誰かに認定してもらう必要もない。名乗ったところで誰に文句を言われることもない。しいて言えば「生活大丈夫?」「貯金はしてるの?」「健康診断ちゃんと受けた?」と哀れみの言葉をかけてもらえるくらいです。

 

なにより、フリーライターという肩書きは、何でもできます。紙でもウェブでも書けるのはもちろん、ライターだけじゃなく編集だって出来る。コピーライターや放送作家の仕事や、企業のコンサルみたいな仕事を受けることもあります。

 

つまり「何でも屋さん」なんですね。でも、肩書きはフリーライター。それで事足りてしまうんです。

 

もしも自分をプロブロガーと名乗っていいのか迷っているくらいなら、まずはフリーライターと名乗ってみるのはオススメですよ。

 

え?文章が下手くそなのにフリーライターなんて名乗るのはおこがましい?いやいや、別に私たちはプロなんて肩書きを持っているわけじゃない。名乗るのは自由です。

 

フリーライターを名乗ることは、ただ単に、「私はフリー(自由)な生き方を選んだ不器用な人間」ということを周りに伝えているだけなのですから。

スポンサーリンク