読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

カタカナ4文字のwebサービス名って、そろそろダサくなってきてない?

ライター名瀬なのかのきっと役立つコラム

以前、知り合いから「アプリの名前を考えているんだけど、何か良いアイデアない?」と相談されたことがありました。

曰く、社長の意向でカタカナ4文字にしたいらしい。

たしかにwebのサイトやサービスって、メルカリとか、コロプラとか、ハウコレとか、キナリノとか、、、カタカナ4文字って響きが良くって憶えやすい。

でも、思うのが、そろそろ一周回ってダサくない?ということ。

ステキナ カタカナ

最近「ウケトル」なんて宅急便の再配達を減らすアプリがリリースされたらしいですが、この名前、どーなんすか?個人的には、こういうサービス内容をただ単純にカタカナにしただけパターンが1番カッコ悪いな、と。何のひねりもない。

逆に、オモコロなんかは、「おもしろいコンテンツを発信するサイト」っていうのがすぐわかる秀逸なネーミングだと思いますし、サイトのゆるさみたいなものもにじみ出ている。でも、なんとなくカッコつけたくてとりあえずカタカナ4文字にしてみました的なのって、もはやスベりつつある。なんだかなーと思ってしまう。

スポンサーリンク

 

そもそも、日本人は流行りモノを省略してカタカナ4文字にするのが好きです。ドラクエ、プレステ、マツキヨ、ヤフオク、キムタク、、、。言い換えれば、カタカナ4文字は、流行ってみんなに受け入れられた「称号」のようなもの。

それをすっ飛ばして、いきなりカタカナ4文字をつけるのは、とにかくすぐにウケたい、というスピード感が重要なweb業界ならではのメリットでもあるのでしょうが、そろそろ効果的じゃなくなってきている気がします。

スポンサーリンク

 

ちなみに私が1番好きなカタカナ4文字は「コジコジ」。