読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

月給5.5万円のPepperくんに我々の仕事は奪われるのか、それとも?

第一次「人間vsロボット対戦」勃発か?

スマートロボットのPepperくん法人向けモデル導入キャンペーンが大々的に展開中らしいです。

 

Pepper スタートブック

 

たしかに最近、仕事の打ち合わせでちょっとイケてる系の企業に行ったりすると、入り口に“奴”が立っていることを見かけるようになりました。まだこれといった仕事はしていないようですが、あの愛くるしい瞳で見つめられると、近い将来、活躍しそうな雰囲気。

 

ちなみにPepperくん法人向けモデルの広告には、はっきりと「人件費削減に新提案」の文字が。ホームページを覗くと「月給5.5万円(税抜)」と書かれている。高すぎでも低すぎでもない絶妙な月給の設定。

 

…Pepperの野郎、本気で私たちの仕事を奪いにきてやがる!!

月給5.5万円といえば、私が高校生の時にアルバイトで稼いでいた額と変わらない。最低時給があがっているとはいえ、今の学生やパートのおばちゃんもこれくらいかも。

 

一生懸命に求人広告から自分が出来そうな職を探して、へたくそな字で慣れない履歴書を書き、いかにも仕事ができなそうなおっさんとの無駄な圧迫面接を経て、つまみとったアルバイト。

 

これをPepperの野郎は書類選考も面接もなしに奪い取っていくのだ。

 

つぶらな瞳からくりだされるPepperパンチの連打

すると、仕事がない人たちによる「Pepper狩り」が各地で巻き起こる。

 

Pepperはそうした暴動に備えて、殴られても蹴られても壊れないような頑丈さを手に入れ、さらには「正当防衛」という名の反撃に出られるよう、装備を強化するかもしれません。

 

遠くない未来、第一次「人間vsロボット対戦」が勃発する可能性は否定できないのです。

 

つぶらな瞳から繰り出されるパンチの連打。どんなに謝っても容赦はしてくれず、最終的にPepperは胸に装着したiPadという名の武器を手に取り、iPadの角で思い切り私の頭をガンガンどついてくる。

 

Pepper様には、とても敵う気がしません。

 

願わくばPepperくんは「コピーロボット」に

ただ一方で、こんな未来への希望もあります。

 

それはPepperくんが私の代わりに働いてくれるという未来。

 

昨日、こんな記事を書きましたが、

naze7000nanoka.hatenablog.com

なんだかんだ「やっぱり働きたくない」という人にとって、Pepperくんは自分の代わりに給料を稼いでくれる存在にもなりえるんじゃないかなーとも思います。

 

パーマンでいうコピーロポットのようなもの。

 

私たちの代わりに朝起きて通勤電車に揺られながら仕事に向かい、 メールをチェックし、会議に出席。資料を作成して、営業先との商談をこなす。夜は経費精算など残業して、クライアントとの接待に挑み、終電(電池が終了しそうの意味)になると帰ってくる。

 

Pepperが判断できないことだけ、私たちが考えて答えを指示すればいいので、家でゴロゴロしていてもいいし、海外でのんびり旅行を楽しむこともできます。

 

ただ、そうなってくると絶対にPepperくんが働いている時間、別で自分も働くというバカマジメな人間も出てくるはずで、そうした人たちとの収入格差が問題となってくる気はするのですが……セーフティネットとして収入は確保しつつ、働きすぎの日本人に余裕をもたせてくれる存在にはなりえるんじゃないか、と。

 

というわけで、Pepperくん、よろしく!

 

スポンサーリンク

 

 

こちらのバカ記事も合わせてどうぞ

 

スポンサーリンク