稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

この清原の画像を使うとCTRが上がるのではないだろうか?

 

スポンサーリンク

Webコンテンツのタイトル画像は超重要!キーワードは「清原ドーン!!」

どーも名瀬なのかです。

 

普段はライターの話を綴っておりますが、今回は「書く」というよりも、「Webコンテンツをどう読ませるか」について触れてみようと思います。

 

というのも、最近、Webニュースやキュレーションサイトなどで、この書籍のタイトル画像をやたら見かけるなーと。

 

男道 (幻冬舎文庫)

 

『男道 清原和博』

 

もちろん超一流選手の逮捕ということで全国民にとって関心のあるニュースということはわかるのですが、それにしてもこの表紙のタイトル画像を使うWeb媒体が多すぎる。

 

(ちなみに、タイトル画像って書きましたが、アイキャッチ画像?OGP?それともog:image?なんて呼ぶのが正しいの?誰か教えてくださいませ) 

 

例えば、スマートニュースやグノシー、LINEニュースなど、いまやWebコンテンツの配信先として欠かせないニュースアプリでは毎日のようにこの写真が並んでいます。

 

書影ではなく、普通に清原選手の写真が使われることもありますが、やはりこの『男道 清原和博』の写真はインパクトが強すぎるのでしょうか。同じ書影でも、こちらを見かけることはやっぱりありません。

完本 清原和博 (文春文庫)

完本 清原和博 (文春文庫)

 
清原和博 番長伝説 1985~2008 『FRIDAY』が追い続けた24年間

清原和博 番長伝説 1985~2008 『FRIDAY』が追い続けた24年間

 

 

これだけニュースアプリなどで何度も見かけるということは、やっぱりユーザーが気になって目を留める→思わずクリックしちゃう→ニュースアプリはCTRが高いものを優先的に読ませようとするので毎日のように見かける、、、ということなんじゃないかな、というのが私の推測。

 

スポンサーリンク

 

 

スマホ時代に好まれるのは「寄り気味でインパクトのある写真」

というわけで、今の時代のタイトル画像の理想って、この「男道」のような写真なのではないでしょうか。

 

どうしてもスマホだと必然的に画像は小さくなるので、引いていたり、細かすぎる構図の画像だと、何を表しているのか認識できません。なので、このように「清原ドーン!!」的な寄り気味でインパクトのある写真が、目に留めてもらうために超重要な気が。

 

例えば、こうしたブログでも、よりたくさんの人の目に留めたいと思ったなら「清原ドーン!!」をキーワードに、寄りでインパクトのある写真を選ぶようにすれば、少しでもCTRが上がってアクセス数のアップに繋がるんじゃないかなーと思っています。

 

迷ったときは……清原ドーン!!

 

男道 (幻冬舎文庫)

男道 (幻冬舎文庫)

男道 (幻冬舎文庫)

 

ご精読ありがとうございましたっ。

 

スポンサーリンク