読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

月伊火爆水山木○金バ←問題:○に入る文字は何でしょう?

友達からLINEでこんな問題が送られてきた

 

午前1時。友達からLINEで急に「月伊火爆水山木○金バ←問題:○に入る文字は何でしょう?」と送られてきた。私は深夜にもかかわらず寝ていなかったので、すぐに返信をした。答えはすぐにわかったから。ヒントは午前1時、お笑い、赤坂…。

 

答えは「お」。

 

月曜日から金曜日まで、TBSラジオの深夜1時からのJUNKでパーソナリティーを担当する伊集院光、爆笑問題、山里亮太、おぎやはぎ、バナナマンというわけだ。

 

恥ずかしい話だが、上記の番組を私はすべての聴いている。いわゆるヘビーリスナーというやつだ。まるで中高生のような趣味だけど、意外とライターを仕事にしている人にとって、ラジオは心のオアシスだったりする。(ラジオを聴いていないと原稿が書けない体になってしまっているという人は意外と多いかもしれない)。

 

ライターのような仕事をしていると、人とまったく話さない日も多い。誰とも話さずに一日が終わってしまうと、一度も笑わずに一日が終わってしまうと、なんだか切ない気持ちになる。だからせめて一日に一度は笑いたい。そんな思いから、いまも変わらず一日の締めくくりとして、お笑い番組を聴いて寝るという生活が続いている。

「お笑い好き」でいたい人、「お笑い通」でいたい人

なので、自分では「お笑い好き」を自称しているのだけれど、冒頭の問題を出してきた友達(同じく自称お笑い好き)から、こんなことを言われたことがあった。

 

「えっ、月曜日から金曜日までJUNK全部聴いてんの?」

 

友達曰く、伊集院とおぎやはぎだけでいいらしい。まるで中二病のように「本当に面白いのだけ聴きなよ、わかってないなー」と説教じみたことを言ってくる。(本当は土曜日のエレ片もたまに聴いていることは言えない雰囲気)

 

ただ、私としては全部面白いと思うのだが、そういうことを言うと友達は、「じゃあ聴くけどさ、どのバナナマンが好きなの? テレビ?ラジオ?舞台?バナナマンはコントの人だよね?違う?」と、自分では答えが出ているはずなのに、やたら?マークを連発して、まくしたててくる。「いや、ラジオもバナナマンは面白いよ!」と言いたいけど、めんどくさいので毎回言わないでいる。

 

ラジオだけじゃなく、例えば「今の松本人志で本当に心から笑える?」とか「ロンハーでだけは笑いたくない」など、本当に絵に描いたような中二病丸出しというか、逆にステレオタイプすぎて恥ずかしくないのかということを平気で言う。なにかお笑いに恨みでもあるのかというくらい、お笑いに対して常に怒っている。でも、やっぱりお笑いを愛しているようではある。

 

よーするに私は「お笑い好き」でいたいけど、友達は「お笑い通」でいたいのだと思う。

 

だから友達が言うことに対して、いちいち反応する必要はないのだけど、とはいえ、やはり「通」の方から自分が好きなものを全否定されると、それはそれで傷つく。もしかしたら自分は「お笑い好き」ではないのかもしれないというふうにさえ思えてくる。

こと「お笑い」がからんでくると、面白さが伝えられなくなる

……で、なんでこんな話を書いたかというと、私の中で最近の大ヒットだったギャグ漫画がついに終わってしまった。

メロポンだし!(7)<完> (モーニング KC)

メロポンだし!(7)<完> (モーニング KC)

 

読みながら声を出して笑った漫画だったので、最終回を迎えてしまったことは本当に悲しい。だからこそ、この大作の面白さをいろんな人に伝えたい。

 

ライターという仕事をしていたのだから、「物事の面白さを誰かに伝える」というのは慣れているはずだ。でも、こと「お笑い」が少しでもからんでしまうと、さきほどの友達のような「通」の人たちを恐れてしまい、思わずためらってしまう。

 

「えっ、どこが面白いの?」

 

本当はあれこれと面白さを解説したくても、伝える前からこんな友達の声が聞こえてくる。

 

だから私は、面白いものは面白いと言える、「通」の人たちの声にびくともしない、お笑いライターやお笑い評論家の人をものすごーく尊敬している。そして、いつかは私もそういうことがはっきり言える人間になりたかったりする。

 

でも、やっぱり「本当に面白いから。1巻だけでも読んでみて!本当、損はしないから。つまんなかったら謝るから。ねっ?」

メロポンだし!(1) (モーニング KC)

メロポンだし!(1) (モーニング KC)

 

ということくらいしか、私にはまだ言えない。

 

【合わせてお読みください】

職業:フリーライターを目指す人へ 

フリーライターになる近道「編集者への持ち込み」が意外と有効な理由

未経験者がフリーライターを目指す際に注意すべき“編プロ”の存在 

編集者が知る「稼げるライター」と「稼げないライター」の違い 

 

黒田のカープ復帰に思う「これからの転職のあり方」 

稼げるフリーランスになるには「営業マン」より「広告マン」を目指すべき 

クリエイティブなアイデアはメモしないほうがいい説は本当か? 

編集者が知る「ゴーストライターになる方法」 

 

副業でライターを始める「お小遣い稼ぎ」だけじゃないメリット 

ライターの仕事で「持ってると意外と捗る」5つのアイテム 

現役ライターに聞く、意外と知らなかった「アイドルライターの仕事」

フリーランスで働いて良かったことランキングベスト10