読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

副業でフリーランスのライターを始めるメリット。「お小遣い稼ぎ」だけじゃない未経験者にとっての利点

フリーライターになるための基礎

副業としてフリーランスで働くことの意外なメリットとは?

今回はライターだけでなく、フリーランス全般に共通する話です。

 

たまに知り合いから「副業でライターを始めようと思うんだけど儲かるかな?」と聞かれることがあります。そんな時、私は「儲かるかはわからないけど、やったほうがいいよ」と答えています。

f:id:naze7000nanoka:20160514042447j:plain

 

よくネットで「副業ライターでお小遣い稼ぎをしよう!」なんて情報がありますが、正直どれくらい儲かるかは、その人の働き次第ですし、特にサラリーマンや主婦をしている人でしたら、どれくらい時間を書けられるか、仕事をこなせるかによると思うので、一概に儲けられるかは誰にもわかりません。

 

しかし、副業でフリーランスのライターを始めることで、誰にでも共通するメリットがあります。

 

それは誰でも簡単に参加できる時代になってきているというということ。

 

いや、「なってきている」というよりも、「もうすでになっている」といった方が正しいかもしれません。

 

これは私のような専業でライターをしている人間からすると、少し悲しいことでもあるのですが、実際に世の中は「誰もがライターになれる」時代になっています。

 

こちらのブログでも何度も触れていますが、クラウドソーシングの普及で一般の方が副業をすることは当たり前になっています。

 

ソフトウェア開発やロゴやイラストのデザイン、写真や動画の編集などさまざまな仕事がある中で、ライターというのは誰もができちゃう仕事。たしかに専門性がない場合、1本あたりの単価は安いことが多いですが、それでも慣れてくれば毎月数万円が副業によってもたらされます。

 

在宅ワークでのライティングについては、こちらにも詳しく書きましたが

naze7000nanoka.hatenablog.com

 

やっぱりメリットとしては、

  • 誰もが簡単にできる
  • 今の時代はコツさえつかめばちゃんとお金になる
  • 本業が忙しければやらなくていい

という点が大きいのではないかと。たとえば副業でカフェでアルバイトをすると、その分の時間は拘束されてしまいます。でも、クラウドソーシングの仕事ならいつでも自分のペースでできる。これは副業としては大きなメリットです。

 

そして、しっかりと稼げるようになっていけば、本業のほうにも余裕が出るというのも大きなメリットです。 「もしも会社を辞めても、副業での収入があるから、なんとか生きて行ける。その間に転職先を探せば良い」という考えができます。それに、自分に向いていると思ったら実際にフリーランスになればいい!(甘い世界ではないですが、楽しいのは間違いありません)

 

さらに副業でフリーランスのライターを始めるメリットを上げるとすれば、「知識」が増えていくということもあるでしょう。

 

今の本業とは別の形でアウトプットするということは、つまりインプットも必要となる。あれこれと情報を得ることが習慣となっていくのです。

 

これは本業でもきっと生かされるでしょう。クラウドソーシングで美容についてくわしくなれば、自分で美容にまつわるブログをはじめてみるのもいいかもしれません。

 

さらにフリーランスには意外と気付かないメリットもある! 

それは「経費で好きな本が買える」こと。

 

…なんだ、それ? と拍子抜けされてしまうかもしれませんが、これって意外と大きいと思うんです。

 

出版不況もあって、本や雑誌の値段はどんどん高くなっています。ほしい本があっても、「新刊だと2000円以上する。ブックオフにもアマゾンでも安くなってない。どうしよう?」…こんな悩みから解消されて、読みたい時に本を買えるっていうのはすごく良いことじゃないでしょうか。

 

確定申告による還付金はフリーランスにとってのボーナス

f:id:naze7000nanoka:20150121033713p:plain

 

フリーランスで働いていると、原稿料に源泉徴収という「悪魔」(桃鉄でいうところのリトルデビルみたいなやつ)が毎回つきまといます。例えば、副業ライターとして毎月5万円を稼いでいても、所得税として10%が差し引かれるので、毎月5千円払うことに。1年12ヶ月だと6万円! けっこうな額です。

 

でも、副業ライターであれ、その原稿を仕上げるのに、必要経費はあったはず。新聞や雑誌の購読料、資料用の書籍などは必要経費にあたります。担当者との打ち合わせが合った場合の交通費や喫茶店代なんかもそうです。(他にもパソコンやネット環境、を使うのなら自宅で作業するのであれば家賃や光熱費の一部も経費に計上できたりもするのですが、その辺りの情報は自分でググってみてください)

 

スポンサーリンク

 

もちろん、なんでもかんでも経費として計上するのは不正ですし、たとえば毎月5万円を稼ぐために、何十万円も書籍を資料として購入するのはあきらかにおかしいので、税務署から怖いおじちゃんが来て「なんやワレ、おう? 脱税か?」と最悪の場合はガサ入れされる可能性もあるみたいですが、必要な範囲であれば、こうした経費計上は認められていることです。

 

確定申告はめんどくさいというのは確かですが、フリーランスの人にとって確定申告による還付金はボーナスみたいなものです。しっかりやれば何十万円というお金が戻ってきます。絶対にやるべきです。

情報を得ることにお金をケチってはいけない

ここからは副業だけでなく本業としてライターをしている方にもお伝えしたいことですが、ライターという仕事をしている以上、「情報」にお金をケチってはダメです。

 

今、世間でどんなことが起きているのか、どんな雑誌や書籍が売れているのか、どんな文章が好まれているのか。これは「情報」を得ないと生まれてきません。そして、それは専業とするジャンルだけではダメです。スポーツライターもグルメについて知っておくべきですし、ファッションライターもゴシップ週刊誌を読むべきです。ライターに必要な「面白い記事」は、本人の才能だけでなく、とにかく様々なところから情報を得る努力によって生まれると思います。

 

だからライターは情報を得ることにお金をケチってはいけません。

 

例えば、以前、こんな書籍が話題となっていました。

21世紀の資本

21世紀の資本

 

なんとお値段5980円! なのにベストセラーです。

 

なんでこんなに話題なのか? どんな内容なのか? 読んでみたい! そう思っても普通のサラリーマンだと買うのがためらわれる金額です。が、ライターだったら迷わず買っていいんです。

 

一般的に仕事と関係ない資料の購入は経費に認められませんが、仕事にすればいいのです。スポーツライターなら「プロ野球界における[ r>g ]論」だったり、ファッションライターなら「今年のコーデを[ r>g]で決める!」なんて企画を考えて記事を執筆すればいいのです(それが企画として通るかは置いておいて…)

 

これが、フリーランスのライターにとってのメリットであり、いわば特権です。

 

ライターの中には自分の専門ジャンルしか買わないという人も多いと思いますが、私は流行っているものは積極的に読んだ方がいいと思います。なぜ、その本がウケているのか? そこには絶対に自分の仕事につながる「何か」があるはずです。

 

私が駆け出しのころは、よく紀伊国屋書店にいって、どんな本が売れているのか常にチェックすることを習慣にしていました(出版業界の人なら当たり前の行動ですが)。ただ、最近は本の買い方も変化しているので、リアルな本屋さんだけでなく、例えばアマゾンでのベストセラーなどもチェックしたほうがいいです。

 

特に副業でWebライターを目指している人。ネットを頻繁に使うユーザーがどんな書籍を買っているのかを知ることは、Webでどんなコンテンツがウケるのかに直結することなので非常に重要です。

 

ちなみに、前年のアマゾンでのベストセラーはこんな感じです。なぜウケたのか、実際に読んでみるほうがいいですが、どんなナインナップがあるかを知るだけでも、自分の仕事の幅をぐっと広げていくと思います。

 

1位 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

2位

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

 

3位 

TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ DVD BOOK ESSENCE (宝島社DVD BOOKシリーズ)

TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ DVD BOOK ESSENCE (宝島社DVD BOOKシリーズ)

 

4位

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録

 

5位

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

 

 

スポンサーリンク

 

 

…というわけで、副業でのフリーランスになるメリット、さらにはフリーランスならではの必要経費の大切さについて書いてみました。ちなみに、サラリーマンでも例えばスーツ代を経費で落とせたりと、必ずしもフリーランスでなくてもメリットはあるようです。なお、どこまでが必要経費として認められるかは私は専門家じゃないので詳細までわかりませんし、責任は負いかねます。確定申告は自己責任でお願いします。私が今回、本当に言いたかったのは、

 

「ライターならば雑誌や本を買うことをためらうな!」

 

ただ、それだけです。

 

【合わせてお読みください】

 

編集者が知る「稼げるライター」と「稼げないライター」の違い

黒田のカープ復帰に思う「これからの転職のあり方」 

稼げるフリーランスになるには「営業マン」より「広告マン」を目指すべき

クリエイティブなアイデアはメモしないほうがいい説は本当か? 

編集者が知る「ゴーストライターになる方法」 

職業:フリーライターを目指す人へ 

フリーライターになる近道「編集者への持ち込み」が意外と有効な理由 -

未経験者がフリーライターを目指す際に注意すべき“編プロ”の存在