読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

ライターになりたい人に読んでもらいたい初心者向け10の記事

ライターになるには?フリーライター未経験が知っておくべきこと フリーライターとはどんな仕事なのか、どうやってフリーライターになって、どのように稼ぐのか。そんなテーマでブログをスタートして、もう2年。自分のフリーライター&フリー編集者としての…

Webライターになるには?初心者の稼ぎ方、募集の注意点、気になる収入

ウェブライターになるにはどうしたらいいのか?Webは単価が安いが稼ぐコツは?クラウドソーシング応募の注意点は?現役ライターがWebライターのあれこれを詳しく教えます。

副業での在宅ライターの仕事で今の狙い目はこの3つ!

在宅ワークで人気のWEBライターの仕事。副業でもパソコンさえれば稼げてしまう在宅ライターですが、どんな案件が狙い目?実際にクラウドソーシングの人間に聞いていました。

フリーライターの収入、原稿料の相場はおいくら?

ライターの気になる収入、ギャラはいくらが相場なのか フリーライターをめざしている人、または駆け出しのライターにとって、まわりがどれくらいの収入をもらっているかは非常に気になるもの。 未経験の人にとっては「ライターになってちゃんと食べて行ける…

在宅ワークの「Webライティングのお仕事」で稼げるようになるコツ

クラウドソーシングを使った在宅ワークで「副業ライター」がおすすめな理由 サラリーマンの副業、主婦の方の内職として、いまやクラウドソーシングを使った在宅ワークは当たり前の時代となっています。 ただ、時間がない中での在宅ワークとはいっても、アン…

フリーライターを職業にする10のメリット

会社員から転身してフリーランスとして働きたい、就職せずにフリーライターになりたい、と考えている人は、最近ますます増えています。「書く」を仕事にしたい人にフリーライターになるメリットを教えます。

フリーライターのためのカメラ撮影術「これだけ知っとけ!」3つのポイント

最近、ライターの仕事ではカメラ撮影をお願いされることが増えていますが、ちゃんと上手に撮れるのか不安なライターも多いはず。そこで、カメラ撮影の超初歩的な3つのポイントを紹介します。

フリーランスライターの確定申告は青色と白色どっちにすべき?

確定申告、フリーライターにおすすめは青色申告?それとも白色申告? フリーランス(個人事業主)にとって「ボーナス期」とも言える確定申告のシーズンがやってきました。「めんどくさいからやりたくない」という人も多いかと思いますが、絶対にやらなきゃダ…

ライターの仕事を始めた頃、先輩によく叱られた「3つのNG」

当たり前だけど、意外と難しいこと もう10年以上も前の話になりますが、私が駆け出しのライターだった頃、先輩に言われたことがあります。 それはすごくシンプルだけど、とても大切なことでした。 「ウソを書くな」 「取材しろ」 「パクるな」 当たり前のこ…

「書く仕事」に就く人が注意すべき3つのこと

「書く仕事」初心者はこの3つに気を付けろ! このブログを読んでくれている方の中には、フリーライター以外にも、新たに就職したり、新しい部署に異動したりで、はじめて「書く仕事」に就く方も多いかもしれません。 世の中には文章上達術やテクニック論など…

無駄を否定しすぎることによる弊害について

とにかく無駄を嫌う人たち 30代になってから自分よりも若い子と飲みに行くことが多くなりました。 私はフリーライターという特殊な職業に就いているわけですが、大学を出たばかりで同じようにライターをやっているような子から話を聞いていると、なんだか自…

副業でフリーランスのライターを始めるメリット。「お小遣い稼ぎ」だけじゃない未経験者にとっての利点

副業としてフリーランスで働きたいという方が増えていますが、実は知っておいてほしい意外なメリットがたくさんあります。現役でフリーランスとして働く私が、副業を始めることで誰にでも共通するメリットについて解説します。

ライターの仕事で「持ってると意外と捗る」5つのアイテム

ノートパソコン、一眼レフ、手帳以外であると便利なものとは? フリーライターの仕事を始める上で、必要なアイテムについての話です。ちなみに、「いつでも仕事ができるのでノートパソコンは必携!」なんてことは、言われなくてもわかると思いますので、あえ…

フリーライター志望は気をつけるべきダメなライターに共通する4つの特徴

こんなフリーライターは嫌だ!と思わせる行為は? 今回は私が一緒に仕事をしたライターに対して「こいつダメだなー」と腹が立った、さらに私自身がライターとして活動しているときに「自分ってダメだなー」と思った、そんなダメなライターに共通する特徴につ…

職業:フリーライターを目指す人へ

フリーライターになるために「本当に必要なこと」とは? 文章を書くことが好き、文章を書くことを仕事にしたい、だからフリーライターになりたい!という方はこんなご時世でも少なくないかと思います。 例えば【フリーライターになるには】と検索すると、た…

Web編集者の仕事って?

世の中にWeb編集者は必要か? 最近よく「Web編集者(エディター)は必要か」が議論になります。雑誌や書籍などでは編集者の存在は不可欠ですが、ウェブコンテンツにおいては、「ライターのみ」であることがほとんど。たとえば、こうして私が書いているブログ…

文章力があるのは犬タイプ?それとも猫タイプ?

犬か猫かは、文章にあらわれる よく人の性格は人懐っこい犬タイプか、自由きままな猫タイプかに分かれる、なんて言われますが、文章を書く場合も犬タイプと猫タイプに分けられるんじゃないかと思います。 犬タイプは、とにかく読む人に喜ばれようとするし、…

現役ライターに聞く、知られざる「アイドルライターの仕事」

アイドルライターとは?現役プロライターに聞いてみた ここ最近続いているアイドルブームも影響してか、アイドルを扱う雑誌や書籍で活躍するいわゆる「アイドルライター」は増えています。フリーライターを目指す人の中にもアイドルを取材したいという方は多…

企画力や発想力を向上させるトレーニング「売れるダイエット本を考えてみる」鍛錬法

企画力や発想力を向上したい人におすすめなのが「売れるダイエット本を考えてみる」というトレーニング。意外とカンタンのようで難しく、でも確実に自分にとってプラスになる鍛錬法です。

ライターの募集や求人でクラウドソーシングは実際のところ使えるのか?

フリーライターになりたいなら知っておいてほしい「ライター募集のウソとホント」 以前に書いたエントリー【今、ライター募集しているメディア】」 では、2015年現在、ライターを募集しているメディア(出版社、ウェブ媒体問わず)について紹介しました。 と…

クリエイティブなアイデアはメモしないほうがいい説

IT時代でもやっぱり重宝するメモ帳 ライターにとって、必要不可欠ともいえるアイテムのひとつに「メモ帳」があります。 私もずっとメモ帳を愛用していて、特にロディアというメーカーの「ブロックロディア」を好んで使っていました。厚紙がしっかりしていて…

フリーライターなのに仕事がない時に意外と使える3つの対処法

仕事がなくなってしまったフリーランスはどーしたらいい? フリーランスのライターという仕事には、常に「いつ仕事がなくなるか」という不安がつきまとうものです。自分の努力不足や才能のせいだけではなく、タイミングの悪さで急に仕事がゼロになることも少…

フリーライターが東京都内で住むならおすすめしたい5つの街

フリーランスのライターが東京で住むべき場所は? 意外とフリーライターにとって物件選びは悩むものです。家にこもってひたすら原稿を書き続ける日々があれば、取材の連続で外出ばかりの毎日が続いたりすることも。だからこそ、物件選びはどこがいいかとアレ…

編集者&ライター志望者は「編集ライター講座」に通うべきか、否か

編集者、ライターを育成する講座に行く価値はあるのか? 先日、知り合いの編集者が「ライター講座の教壇に立つ」ということで、ひやかしついでに見学させてもらいました。私の若い頃と違って、今はWebに向けたライティングなどの話もあって、けっこう勉強に…

原稿民族ライター人はボツをくらうたびに銭戦力が上がっていく

フリーライターとは編集者とのバトルで強くなる生き物である ドラゴンボールの映画が話題になっています。私はDBどんぴしゃ世代なので、観に行こうか悩み中。 子供の頃、お兄ちゃんと「ドラゴンボールごっこ」をさせられ、お兄ちゃんが悟空役をやるために、…

編集者が知る「ゴーストライターになる方法」

ゴーストライターへの近道 稼げるフリーランスになるための一つの選択として「ゴーストライター」を目指すというのはおすすめです。 では、なぜおすすめなのか? 私はこれまで雑誌や書籍を中心にライター、編集者として活動してきましたが、今回は「稼げるゴ…

フリー編集者が明かすライターになる近道「編集者への持ち込み」が意外と有効な理由

自分の好きなジャンルの雑誌を調べよう フリーライターになりたいと思った場合に、様々なルートがあると思います。私の場合は編集プロダクションに入社し、そこで経験を積んで、フリーランスになりました。 イチからフリーライターを目指す人たちにとっては…

未経験者がフリーライターを目指す際に注意すべき“編プロ”の存在

ライターを目指している人たち、特に未経験の人が気をつけなくてはいけないのが編集プロダクション、通称「編プロ」の存在。正直に言います。将来ライターになりたいのなら、編プロに決して近づいてはいけません。