稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

MENU

ライターは「好き勝手に」ではなく「好き」を書こう

このままライターとして何も書けない状態でいいのか 今回はフリーライター初心者に向けた話。 みんな今、戸惑っていると思うんですよ。webからライター稼業をスタートさせることが当たり前の時代なのに、webで何かを書くことに慎重にならざるを得ない状況。…

名言を残したいなら「靴」をテーマにすればいい

「オシャレは足元から」 「良い靴は履き主を幸せな場所に運んで行ってくれる」 など、靴に関するフレーズは不思議と人を前向きにさせる効果がある……気がします。 私はフリーライターという仕事柄か、たまに「なんとなくよさげなフレーズ」を考えるという不毛…

はてなブログ読者数が700人を超えました!

私がブログ読者数を増やすためにやったこと このブログをはじめてもう2年が経ちました。最近は本業が忙しかったりでなかなか更新するタイミングが少なかったりもするのですが、気付けば登録していただいた読者数は700人を突破! これって、もしかするとちょ…

フリーライターになる近道「編集者への持ち込み」が意外と有効な理由

自分の好きなジャンルの雑誌を調べよう フリーライターになりたいと思った場合に、様々なルートがあると思います。私の場合は編集プロダクションに入社し、そこで経験を積んで、フリーランスになりました。 イチからフリーライターを目指す人たちにとっては…

編集者が教える「ゴーストライター」になる方法

雑誌や書籍で活躍するゴーストライターへの近道 稼げるフリーランスになるための一つの選択として「ゴーストライター」を目指すというのはおすすめです。 なぜおすすめなのか? 私はこれまで雑誌や書籍を中心にライター、編集者として活動してきましたが、今…

カフェや喫茶店で注文前に席取りさせるシステムはなんとなならないのか?

スタバ、タリーズ、サンマルク…カフェや喫茶店で当たり前になりつつある「先にお席を確保」システム どーも、名瀬なのかです。 私は普段、仕事柄、パソコンを持って喫茶店で仕事をすることが多いのですが、最近やたら気になるのが、注文時の「先にお席の確保…

メモを取らないメリットとデメリットとは?仕事に役立つ習慣はどっち?

IT時代でもやっぱり重宝するメモ帳 私は普段フリーライターの仕事をしています。そして私のようなライターにとって、必要不可欠ともいえるアイテムのひとつに「メモ帳」があります。 私もずっとメモ帳を愛用していて、特にロディアというメーカーの「ブロッ…

今、ライター募集しているメディア【2017年版】

2017年フリーライターになりたい人は必読!出版社やWebメディアで今現在、ライター、編集者を募集しているところをまとめました。現役ライターが厳選しておすすめできるメディアのみを掲載します

早稲田大学生がマスコミにもネットにも叩かれやすい理由

職場や友達にいるウザい人、早稲田大学卒では? 受験シーズンですね。カフェに入ると赤本を開いて一生懸命勉強している浪人生らしき若者がいて、なんだか懐かしい気持ちになりました。自分にもそんな時があったなーと。 社会人になってみると大学なんてどこ…

ドローンが進化すると未来はどう変わるのか、50の変化を予想してみた

ドローンの進化で、日本の未来は(きっと)こう変わる! よくもわるくも注目されているドローン。将来的にはAmazonが商品をドローンで配達する野望が語られていますが、はたしてドローンは私たちの未来をどんなふうに変えていくのか? ドローンにはいろんな…

アイデアはメモしないほうがいい説は本当か?

こちらの記事に移動しました naze7000nanoka.hatenablog.com

Webライターになるには?初心者の稼ぎ方、募集の注意点、気になる収入

ウェブライターになるにはどうしたらいいのか?Webは単価が安いが稼ぐコツは?クラウドソーシング応募の注意点は?現役ライターがWebライターのあれこれを詳しく教えます。

仕事がデキる人の特徴と性格「同じ話を何度もする力を持っている」

「その話、前にも聞いたよ」と言われたくない 同じ話が苦手です。 自分が同じ話をしてしまうのも、他人から同じ話を聞かされるのもダメ。でも、けっこう同じ話を何度もする人っていますよね。 友達と2人で話していて、以前された話をもう一回されたら「その…

はてブ350付いた記事よりも検索狙いはてブ10のほうが結果は良かった

ブログはバズればいいってわけじゃない? どーも、名瀬なのかです。 はてなブログを始めてしばらく経ちますが、ウケた記事、ウケなかった記事、たくさんありました。自分としては、ブログをやるモチベーションに「承認欲求」というものはゼロで(そもそも自…

編プロの採用に応募する前に知っておくべき注意点。激務薄給だけじゃない!

ライターを目指している人たち、特に未経験の人が気をつけなくてはいけないのが編集プロダクション、通称「編プロ」の存在。正直に言います。将来ライターになりたいのなら、編プロに決して近づいてはいけません。